TOP

熟女の方が活躍できる風俗求人が満載!実際に働いた体験談をご紹介します。

アラフィフの現役熟女風俗嬢です

私は現役の熟女系風俗嬢です。年齢は49歳。あと1年弱で50歳になります。世間では完全におばさんと言われる年齢ではありますが、それでも風俗嬢として日々働いています。むしろ熟女専門の風俗店では私くらいの年齢の方が稼げます。なぜなら、熟女系のお店に来るお客さんはアラフォーやアラフィフ女性を求めているからです。若いと逆に需要がないんですよね。私自身、昔は20代の女の子が働くようなお店で働いていました。でも年齢を重ねるごとにお客さんの要望とミスマッチになってしまったので、年齢層が高い女性でも働けるお店に移りました。ちなみにこの熟女系の風俗店は結構あります。たぶんどの風俗街にもあると思います。私自身は紹介で入店しましたが、風俗求人情報サイトを覗いてみたらたくさん求人が出ていましたよ。熟女の風俗求人を探そう!だからおばさんであろうとも風俗で働けるんです。私は今まで結婚した経験はありません。ずっと独身です。結婚するような機会もなかったし、今後もないと思います。たぶん一生一人で生きていくことでしょう。そうなると自分の生活費は自分で稼がないといけません。のんびり専業主婦生活なんて、私にとっては夢のまた夢です。同僚にはシングルマザーや主婦、私のような独身女性などいろんな人がいます。みんな好きで風俗嬢をしているっていうわけではなさそうですが、高収入なので辞めるに辞められないようです。私もそうです。私がこんなに稼げる仕事は他にないですから。もしちゃんと学校に通って、いい会社に新卒で入っていたら人生変わっていたかもしれませんね。もしかしたら結婚もできていたかもしれない……。でもここまで特に努力せずに生きてしまったのですから、仕事を選べる立場ではありません。ただ、風俗の仕事はそんなに苦痛ではありません。もし風俗の仕事をしていなかったら男性と関わる機会はおそらくゼロでしょう。仕事という形であっても男性と関われるというのはうれしいものです。先日いつも指名で利用してくれるお客さんに「すごく若いよね」と言われて、久々に幸せな気持ちになりました。リップサービスだとしても、男性慣れしていない私は高揚してしまいました。そんな小さな幸せと毎月50万ほどのお給料を得ながら、細々と生きています。それでも貯金はかなり貯まってきました。もし、2000万円突破したら田舎に引っ越して、ゆったり暮らしたいな。たぶん田舎には一人で寂しく暮らしているご老人とか多いと思うんですよ。だから私がそこに行っても受け入れてくれそうな気がして。都会はあまりにも忙しなさすぎます。ここは老後ゆっくり暮らす街ではありませんね。そんな夢を叶えるためにも、今夜もお店に出勤します。ありがたいことに指名も入っているようだし、老体に鞭打って頑張らなきゃ(笑)もし、私のようにおばさんだけど高収入な仕事をしたいと考えているなら、思い切って熟女風俗嬢になるっていう手もありますよ。